東邦大学海藻データベース 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム |

検索

     詳細検索

インデックスツリー

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

閲覧数:132
アイテムタイプ SeaweedCollection
ID
K-CL-00000017
タイトル
ウミトラノオ Sargassum thunbergii (褐藻 Brown algae)
キーワード
Sargassum thunbergii (Mertens ex Roth) Kuntze

黄藻植物門 (不等毛植物門) (Ochrophyta (Heterokontophyta))

褐藻綱 (Phaeophyceae)

ヒバマタ目 (Fucales)

ホンダワラ科 (Sargassaceae)

ホンダワラ属 (Sargassum)
概要
わが国の海域に生育するホンダワラ科植物の中で、最も広く分布する。おそらく、わが国で最も広く分布する海藻であろう。北海道から沖縄まで分布する。潮間帯中部の外洋に面した岩場、港の中の斜路、穏やかな平らな磯に生育する。しかし、砂をかぶることは得意ではないらしい。関東では、ヒジキの下位に群生する。岩上に盤状付着部でがっちりと固着し、短い茎状部の上に、短い葉や気胞で覆われた虎のしっぽのような粗い手触りの枝を数本~10数本生じる。高さ10cm~30cm、場所によっては1mになるものもある。小さな葉をむしりとって観察すると、上部縁辺に小さな鋸歯がある。気胞は長さ3-4mm,直径1mmの細い紡錘状で、両端が細くなっている。老成すると発達した側枝を生じるものと、ほとんど側枝を生じることなく枝先から枯れてゆくものがある。
インデックス
/ Public / 海藻データベース / 海藻コレクション一覧
関連アイテム
プレビュー
画像
キャプション
海藻一覧
/modules/xoonips/list.php?index_id=42
RIKENThe XooNIps Project