東邦大学海藻データベース 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム |

検索

     詳細検索

インデックスツリー

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

閲覧数:46
アイテムタイプ SeaweedItem
ID
K-IT-00010168
タイトル
モサオゴノリ
キーワード
インデックス
/ Public / 海藻データベース / 海藻コレクション全表示 / モサオゴノリ
関連アイテム
【コレクション名】: モサオゴノリ Gracilaria coronopifolia (紅藻 Red algae)
【キーワード】:
Gracilaria coronopifolia J. Agardh,紅藻植物門 (紅藻類) (Rhodophyta (red algae)),真正紅藻綱 (Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱 (Rhodymeniophycidae),オゴノリ目 (Gracilariales),オゴノリ科 (Gracilariaceae),オゴノリ属 (Gracilaria)
【概要】:
本種のタイプ産地はハワイのオアフ島です。わが国では主に九州西岸から沖縄にかけて成育するという報告があります。八丈島の神湊漁港内では、春にはきまって打ち上げられます。千葉県では、南房総市の東京湾沿岸から富津市にかけての沿岸に豊富に成育しています。特に、南房総市小浦の漁港内には折り重なるように藻屑状にたまっています。港の中が、モサオゴノリで埋め尽くされているように見えます。コンクリート壁にも、他の海藻に絡みつくことなく浮遊状態で生育しています。網ですくい上げて採集することができます。一年中同じように生育し、生殖器官を生じた個体はいまだ観察したことがありません。時に、円柱状で分枝しない槍のような枝が見られますが、これにも何も形成されません。隣の保田の吉浜の海岸にも打ち上げられていました。ここに示す標本の多くが吉浜で採集したものですが、ここは埋め立てられたり、食堂からの生活排水が流れ出たりと、採集には適さない所になってしまいました。ここに示す押し葉標本の中には、オゴノリ属特有の大きな嚢果の形成を見ることが出来ません。一年中ほぼ同じ大きさで生育し、季節的消長が見られないことがわかります。有性生殖も、世代交代を忘れてしまったのではないかとさえ思われるのです。
海藻一覧
thumbnail
DOI
採集者
Makoto Yoshizaki 吉崎 誠
同定者
Makoto Yoshizaki 吉崎 誠
採集日
Sep. 26, 2000
同定日
Sep. 26, 2000
標本番号
MY-008846
一口メモ
採集地
Yoshihama, Kyonanmachi, Awa Co., Chiba pref. 千葉県安房郡鋸南町吉浜
網.和名
紅藻綱
網.学名
Rhodophyceae
門.和名
紅色植物(紅藻)
門.学名
Rhodophyta (red algae)
科.和名
オゴノリ科
科.学名
Gracilariaceae
属.和名
オゴノリ属
属.学名
Gracilariaceae
目.和名
オゴノリ目
目.学名
Gracilariales
網(亜).和名
マサゴシバリ亜綱(ウミゾウメン亜綱・真正紅藻亜綱)
網(亜).学名
Rhodymeniophycidae (Nemaliophycideae・ Florideophycidae)
海藻名.和名
モサオゴノリ
海藻名.学名
Gracilaria coronopifolia J. Agardh
プレビュー
画像
thumbnail
キャプション
ファイル
MY-008846.jpg
Type :image/jpeg Download
Size :1.5 MB
Last updated :Dec 9, 2015
Downloads : 20

Total downloads since Dec 9, 2015 : 20
RIKENThe XooNIps Project