東邦大学海藻データベース 東邦大学
ホーム お問い合わせ ログイン
| ホーム |

検索

     詳細検索

インデックスツリー

ホーム  »»  アイテム一覧

アイテム一覧

/ Public / 海藻データベース / 海藻コレクション一覧   
並び順 : 表示件数:

41 - 60 of 113 Items

PREV  1   2   3   4   5   6   NEXT
【コレクション名】: クシベニヒバ Ptilota filicina (紅藻 Red algae)
【キーワード】:
Ptilota filicina J. Agardh(Ptilota pectinata (Grunow) Kjellman,紅色植物門 (紅藻類) (Rhodophyta (Red algae)),真正紅藻網 (Florideophyceae),マサゴシバリ亜網 (Rhodymeniophycidae),イギス目 (Ceramiales),ランゲリア科 (Wrangeliaceae),クシベニヒバ属 (Ptilota)
【概要】:

海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: クロヒトエグサ Ulvaria fusca (緑藻 Green algae)
【キーワード】:
Ulvaria fusca Ruprecht (Monostroma fuscum (Postels et Ruprecht)Wittrock,緑藻植物門 (緑藻類) (Chlorophyta (Green algae)),アオサ藻綱 (Ulvophyceae),アオサ目 (Ulvales),アオサ科 (Ulvaceae),クロヒトエグサ属 (Ulvaria)
【概要】:
北海道など寒冷な海域に生育する濃い緑色の膜状の海藻である。生鮮時、形態と言い、手ざわりといい、色合いといい、アナアオサとよくにている。アナアオサと間違えられることがあるが、生のものを押し葉とすると台紙に黒いシミが出る。体を切って顕微鏡で観察すると、1層の細胞から成り立つ膜状であることから、明確にアナアオサと区別できる。
海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: クロヒメゴケ Herposiphonia subdistica (紅藻 Red algae)
【キーワード】:
Herposiphonia subdisticha Okamura,紅藻植物門 (紅藻類) ( Rhodophyta (Red algae) ),真正紅藻綱 ( Florideophyceae ),マサゴシバリ亜綱 ( Rhodymeniophycidae ),イギス目 ( Ceramiales ),フジマツモ科( Rhodomelaceae ),ヒメゴケ属( Herposiphonia )
【概要】:

海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: グンジマツモ Analipus gunjii (褐藻 Brown algae)
【キーワード】:
Analipus gunjii (Yendo) Kogame &Yoshida (Heterochordaria gunjii (Yendo) Tokida),黄藻植物門 (不等毛植物門) (Ochrophyta (Heterokontophyta)),褐藻綱 (褐藻類) (Phaeophyceae (Brown algae)),イソガワラ目 (Ralfsiales),イソガワラ科 (Ralfsiaceae),マツモ属 (Analipus)
【概要】:
北海道に産する。盤状の付着部から直立枝を叢生する。直立枝は基部細く上方に太さ3~5mmの円柱状となり、先端は鈍円である。分枝することなくほぼまっすぐで高さ40cmに達する。飴色、黄色味の強い透明感のある褐色である。幌内では、外洋からの波浪の影響を受けない港外の静かな岩礁陰に生育していました。存外に深い所に生育し、マツモというよりも、若いコンブににた色合いと手触りでした。
海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: ケイギス Ceramium tenerrimum (紅藻 Red algae)
【キーワード】:
Ceramium tenerrimum (Martens) Okamura,紅藻植物門 (紅藻類) (Rhodophyta (red algae)),真正紅藻綱 (Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱 (Rhodymeniophycidae),イギス目 (Ceramiales),イギス科 (Ceramiaceae),イギス属 (Ceramium)
【概要】:
本州中部以南の潮間帯中部から上部にあるタイドプールに生育しています。細い糸くずのような海藻で、外海からの大きな波の影響を受けることが少ない静かな浅いタイドプールに出現します。枯れたウミトラノオに巻きついていることが多いですね。顕微鏡で観察すると、裸の軸細胞と環状の皮層帯が交互に連続し、規則正しい叉状に分枝します。枝の先端部分では枝先が強く内側に屈曲し、皮層の細胞から細い細い長い長い毛が多数のびています。採集したら、他の海藻と混じらないように管ビンにいれるか、海水をいれた小さなビニール袋にいれて持ち帰り、なるたけ速く、押し葉にします。)
海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: ケウルシグサ Desmarestia viridis (褐藻 Brown algae)
【キーワード】:
Desmarestia viridis (Mueller) Lamouroux,黄藻植物門 (不等毛植物門) (Ochrophyta (Heterokontophyta)),褐藻綱 (褐藻類) (Phaeophyceae (Brown algae)),ウルシグサ目 (Desmarestiales),ウルシグサ科 (Desmarstiaceae),ウルシグサ属 (Desmarestia)
【概要】:
MY-005896の標本は堀輝三が採集したものである。 MY-005901の標本は斉藤宗勝が作成したものである。
海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: ジョロモク Myagropsis myagroides (褐藻 Brown algae)
【キーワード】:
Myagropsis myagroides (Mertens ex Turner) Fensholt,黄藻植物門 (不等毛植物門) (Ochrophyta (Heterokontophyta)),褐藻綱 (褐藻類) (Phaeophyceae (Brown algae)),ヒバマタ目 (Fucules),ホンダワラ科 (Sargassaceae),ジョロモク属 (Myagropsis)
【概要】:

海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: スギモク Coccophora langsdorfii (褐藻 Brown algae)
【キーワード】:
Coccophora langsdorfii (Turner) Greville,黄藻植物門 (不等毛植物門) (Ochrophyta (Heterokontophyta)),褐藻綱 (褐藻類) (Phaeophyceae (Brown algae)),ヒバマタ目 (Fucales),ホンダワラ科 (Sargassaceae),スギモク属 (Coccophora)
【概要】:
日本海固有種として知られたホンダワラ科の1種である。スギモク属にはスギモクのみがふくまれている。湾の奥など比較的波の穏やかな海域に生育する。盤状の付着部で基物にしっかりと固定し、直立枝を生じる。一年目の直立枝は、ウミトラノオのようである。2年目は直径2㎜、高さ50~60cm、円柱状の直立枝から小枝を密に輪生する。小枝の基部から楕円形の気泡が3~5個つながり、この気泡の上部から冠状に、叉状様に2~4回分枝する細い小葉を生じる。全体的に試験管ブラシのような姿になる。輪生枝の基部に小さな芽を生じる。この芽と小枝もとれやすく、よく生長した直立枝の基部は裸となる。しかし、この芽が生長して3年目の枝となる。この枝はあたかも陸上植物のスギ(杉)の葉のように短い燐片葉を生じ、春にこの枝の先端に生殖器官を生じる。生殖器官は直径3~7㎜、高さ5~10㎜の楕円体~球形で枝先に5~10個が房状につく。生殖器官は生鮮時の色は黄色である。春にスギモクの群生する海域を見ると、スギモクの生殖器官が海一面を黄金色に染める。あたかも、菜の花が咲いたように見える。佐渡では、この生殖器官の部分だけをつまみとり、味噌汁にいれて食する。やがて、生殖器官は取れて波間に浮き、群がって漂う。日本海に生じるスギモクには、付着部にも、直立枝にもある種の無節石灰藻が生育するが、大形藻類はほとんど着生しない。対馬暖流は、津軽海峡を東に抜けて本州太平洋岸を南下する。これを津軽暖流とよぶ。岩手県下閉伊郡山田町の山田湾まで津軽暖流の影響が強く見られる。山田湾浦の浜にはスギモクの群落がある。ここに生育するスギモクは、枝のほとんどにアオサ、アオノリ、フサシオグサ、カヤモノリ、イシモズク、ユカリ、イソムラサキなどの大形海藻や、動物のコケムシなどで覆われる。山田湾の海が豊かな証拠だと思っている。これらの着生物をきれいにとらないと着生物の押し葉ができてしまう。これらの着生藻を取るには、スギモクをバケツに入れて、熱湯をかける。熱湯を数回取りかえると、着生藻は容易に手で取ることが出来る。これを押し葉とするときれいなスギモクの標本ができる。
海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: スジメ Costaria costata (褐藻 Brown algae)
【キーワード】:
Costaria costata (C. Agardh) Saunders (Costaria costata (Turner) Saunders),黄藻植物門 (不等毛植物門) (Ochrophyta (Heterokontophyta)),褐藻綱 (褐藻類) (Phaeophyceae (Brown algae)),コンブ目 (Laminariales),スジメ科 (Costariaceae),スジメ属 (Costaria)
【概要】:
付着部は繊維状で、茎はほぼ円柱状、上部は昆布のような扁平で、帯状の体に、縦に3本の筋が走っている。真ん中の1本は中肋で、両側の2本はそれぞれさらに2本に分かれて合計5本の肋が走っているように見える。中肋はそれぞれ交互に突出する。葉肉部分には雲紋模様が形成され、同時にまん丸い孔があく。誰が見ても、スジメはこれと見分けることができる。潮間帯下部から漸深帯に成育し、潮間帯に成育する物は幅5~10cm、長さ1~2mほどで肉厚であるが、湾内などの深いところに成育する物は幅1mを超え、長さ3mになり、薄いものがある。ワカメや、昆布の養殖場にも出現する。若いものは摘んで食用とする。ワカメよりもうまいという人も多い。成長した物は通常食用としない。ところが、岩手県下閉伊郡山田町ではスジメをゾーカとよび、成長した物を食用とする。潮間帯に成育する物を採集し、茹で、乾燥したり、塩蔵して保存もする。食べるともそもそするが、このもそもそ感がよいという。わが家では、身欠きニシンと一緒に煮て佃煮状にして食べている。
海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: ススカケベニ Halarachnion latissimum (紅藻 Red algae)
【キーワード】:
Halarachnion latissimum Okamura,紅藻植物門 (紅藻類) (Rhodophyta (Red algae)),真正紅藻網 (Florideophyceae),マサゴシバリ亜網 (Rhodymeniophycidae),スギノリ目 (Gigartinales),ススカケベニ科 (Furcellariaceae),ススカケベニ属 (Halarachnion)
【概要】:

海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: スズシロノリ Neoholmesia japonica (紅藻 Red algae)
【キーワード】:
Neoholmesia japonica (Okamura) Mikami (Holmesia japonica (Okamura) Okamura),紅藻植物門 (紅藻類) (Rhodophyta (red algae)),真正紅藻綱  (Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱 (Rhodymeniophycidae),イギス目 (Ceramiales),コノハノリ科 (Delesseriaceae),スズシロノリ属 (Neoholmesia)
【概要】:
北海道から東北地方の太平洋岸に生育する。特に、津軽海峡周辺に多い。深所に生育し、多くは打ち上げで採集される。血のように深く濃い赤い色で、押し葉とすると、茶色いシミがでる。カサカサとしたセルロイド質で乾燥するとガサガサになり、パリパリとひび割れる。夏に成熟する。
海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: スナビキモク Sargassum ammophilum (褐藻 Brown algae)
【キーワード】:
Sargassum ammophilum Yoshida et T. Konno,黄藻植物門 (不等毛植物門) (Ochrophyta (Heterokontophyta)),褐藻綱 (Phaeophyceae),ヒバマタ目 (Fucales),ホンダワラ科 (Sargassaceae),ホンダワラ属 (Sargassum)
【概要】:

海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: ソデガラミ Actinotrichia fragilis (紅藻 Red algae)
【キーワード】:
Actinotrichia fragilis (Forsskal) Boergesen,紅藻植物門 (紅藻類) (Rhodophyta (Red algae)),真正紅藻綱 (Florideophyceae),ウミゾウメン亜綱 (Nemaliophycidae),ウミゾウメン目 (Nemaliales),ガラガラ科 (Galaxauraceae),ソデガラミ属 (Actinotrichia)
【概要】:

海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: タバコグサ Desmarestia tabacoides (褐藻 Brown algae)
【キーワード】:
Desmarestia tabacoides Okamura,黄藻植物門 (不等毛植物門) (Ochrophyta (Heterokontophyta)),褐藻綱 (褐藻類) (Phaeophyceae(Brown algae)),ウルシグサ目 (Desmarestiales),ウルシグサ科 (Desmarstiaceae),ウルシグサ属 (Desmarestia)
【概要】:
MY-005604 の標本は平井正和が作成したものである。タバコグサは関東以南の暖かい海域に生育する。しかし、津軽海峡にも分布することが知られている。
海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: タマイタダキ Delisea fimbriata (紅藻 Red algae)
【キーワード】:
Delisea fimbriata (Lamouroux) Lamouroux,紅藻植物門 (紅藻類) (Rhodophyta (Red algae)),真正紅藻網 (Florideophyceae),マサゴシバリ亜網 (Rhodymeniophycidae),カギノリ目 (Bonnemaisoniales),カギノリ科 (Bonnemaisoniaceae),タマイタダキ属 (Delisea)
【概要】:

海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: タマノイト Trailliella intricata (紅藻 Red algae) *Sporophyte of Bonnemaisonia hamifera.
【キーワード】:
Trailliella intricata Batters,紅藻植物門 (紅藻類) (Rhodophyta(Red algae)),真正紅藻網 (Florideophyceae),マサゴシバリ亜網 (Rhodymeniophycidae),カギノリ目 (Bonnemaisoniales),カギノリ科 (Bonnemaisoniaceae),タマノイト属 (Trailliella)
【概要】:
本種はカギノリ(Bonnemaisonia hamifera Hariot)の四分胞子体である。
海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: ダルス Palmaria palmata (紅藻 Red algae)
【キーワード】:
Palmaria palmata (Linnaeus) O. Kuntze /(Rhodymenia palamata (Linnaeus) Greville),紅藻植物門 (紅藻類) (Rhodophyta(Red algae)),真正紅藻網 (Florideophyceae),ウミゾウメン亜網 (Nemaliophycidae),ダルス目 (Palmariales),ダルス科 (Palmariaceae),ダルス属 (Palmaria)
【概要】:

海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: チスジノリ Thorea okamurae (紅藻 Red algae)
【キーワード】:
Thorea okadae Yamada,紅藻植物門 (紅藻類) (Rhodophyta(Red algae)),真正紅藻網 (Florideophyceae),ウミゾウメン亜網 (Nemaliophycidae),チスジノリ目 (Thoreales),チスジノリ科 (Thoreaceae),チスジノリ属 (Thorea)
【概要】:
本種は絶滅が危惧されている植物で、危急種とされている。鹿児島県菱刈町川内川と熊本県山鹿市菊池川が国の天然記念物に指定されている。ここに収蔵している標本の多くは、菱刈町の久保敬町長が菱刈町教育委員会に指示されて吉崎の研究材料として送られてきたものである。材料は採集後、直ちに10%フォルマリン水で固定されて送られてきたものである。押し葉は吉崎が作成した。貴重な標本である。
海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: ツクシモク Sargassum assimile (褐藻 Brown algae)
【キーワード】:
Sargassum assimile Harvey,黄藻植物門 (不等毛植物門) (Ochrophyta (Heterokontophyta)),褐藻綱 (Phaeophyceae),ヒバマタ目 (Fucales),ホンダワラ科 (Sargassaceae),ホンダワラ属 (Sargassum)
【概要】:
ここにある標本はすべて和歌山県白浜町白良浜(しららはま)と、番所崎で打ち上げによって採集したものである。付着部は盤状で直径1cmほど、茎は丸く短く、主枝はここから生じ、高さ20~30cm、主枝に生じる葉は互生、薄い膜質、気胞は球形で冠毛は生じない。
海藻一覧
thumbnail
【コレクション名】: ツクモノリ Nemalion multifidum (紅藻 Red algae)
【キーワード】:
Nemalion multifidum (Weber et Mohr) J. Agardh,紅藻植物門 (紅藻類) (Rhodophyta(Red algae)),真正紅藻網 (Florideophyceae),ウミゾウメン亜網 (Nemaliophycidae),ウミゾウメン目 (Nemaliales),ウミゾウメン科 (Nemaliaceae),ウミゾウメン属 (Nemalion)
【概要】:

海藻一覧
thumbnail
PREV  1   2   3   4   5   6   NEXT

RIKENThe XooNIps Project